メスを使わないプチ整形で人気を集める

一重まぶたや奥二重といった目元にコンプレックスがあり、美容整形で二重まぶたにしたいと考えている人も多いです。ただ、メスを使う美容整形は恐怖心や不安が強く、なかなか施術に踏み切れないかもしれません。メスを顔に入れずに二重まぶたになりたいという人に選ばれているのが、「埋没法」というプチ整形です。このプチ整形では特殊な糸でまぶたを固定し目を開けた時、二重のラインが出るようにするという施術を行います。全くメスを使用せず一重や奥二重でも二重になれるので、チャレンジしやすいとして性別や年齢問わず多くの患者さんに選ばれています。また、メスでまぶたを切開しないのでナチュラルな二重まぶたになれるのも魅力です。

費用がリーズナブルなのでチャレンジしやすい

美容整形は健康保険が適用されない、さらに各クリニックで料金を決められる自由診療ということから、施術費用が高額になってしまうのではという金銭的な不安を感じて、興味はあってもなかなか施術に踏み切れないという人も少なくありません。美容整形の費用は施術法によってかなり差がありますが、中でも埋没法は費用がリーズナブルなことで知られています。両目に施術を行った場合の平均的な相場は約5万円から10万円前後です。メスを使って二重を作る切開法という美容整形の相場は、20万円から30万円ほどですので費用面でもチャレンジしやすい施術と言えます。

ダウンタイム期間が短いのも魅力

埋没法は術後のダウンタイム期間が短いのも魅力です。美容整形を受けた後はどのような施術であっても、腫れや痛み、内出血などの症状が伴います。ただ、術後のこのような症状は大きな手術となればなるほど、症状も強くでて回復するまでにかかる期間も長くなります。仕事をしている方やお子さんがいるという方の場合、美容整形後のダウンタイム期間があまり長すぎるものなど施術を受けることを躊躇してしまいがちです。埋没法はメスを使わないプチ整形ということもあり、ダウンタイム期間が比較的短いことから幅広い年代の方に選ばれています。個人差はありますが強い腫れが出るのは術後の約3日間ほどで、1週間もすれば腫れぼったさも消えてきます。腫れの強弱は個人差やまぶたを何か所留めたかでも変わってきますが、多くの患者さんは術後1週間もすれば他の人が見ても、あまり気にならないほど自然な目元になるでしょう。

目の周りのお悩みを解消して若々しい目元にしたい方におすすめです。 アクセスはJR仙台駅より、徒歩3分、地下鉄広瀬通駅より徒歩10分とアクセス抜群です。 依田拓之は日本形成外科学会認定専門医です。 当院では無理な営業は一切行っておりませんのでご安心ください。 当院は治療内容から探すことができます。 高い技術を持って患者さまの美を叶える診察・手術を行っています。 二重まぶたにしたい!埋没法の手術は【よだ形成外科クリニック】