二重まぶた整形における埋没法の値段について

メスを使用しない施術を選ぶ時には

二重形成の施術として従来のメスを使用して切開を行う切開法と、糸をまぶたに埋め込むプチ整形と呼ばれる埋没法という方法があります。切開の必要がない埋没法は施術時間が短くて手軽さや安心感から、人気が高まっています。埋没法の施術は医療用の糸を使って二重まぶたにするという意味では同じですが、美容外科によって糸の使い方などが異なります。この施術はメスを使用する切開法よりも安くて10万円以内で受けることもできます。糸を何点固定するかで費用は異なります。1点固定の場合は最も値段が安いです。希望する二重ラインに糸を一本通すのが1点固定です。1点固定ではまぶたの裏側を1ヵ所留めます。最も簡単な埋没法ですが、希望通りの二重になれなかったりします。希望通りの二重まぶたになりたい時は、複数個所糸を留める必要もあります。二重まぶた整形を受ける時は値段だけを考慮しないのが大切です。

カウンセリングには十分に時間をかける必要があります

美容外科を選ぶ時はカウンセリングについて考える必要があり、患者さんのことを考えている美容外科はカウンセリングに時間をかけてくれて、どんな方法なら理想に近づけられるかの提案も的確区です。二重整形はとてもポピュラーな施術ですので、各美容外科は技術に磨きをかけています。良い美容外科は腫れを極力抑えられるよう工夫しています。工夫している美容外科は施術で使う針や糸の太さに注意していて、ごく細の針や糸を使用する傾向があります。美容外科を見る時は値段だけを見るのではなく、施術後の腫れの少なさなどを考える必要があります。

施術後のことをイメージすることで

二重になると顔のイメージは華やかになります。二重の種類は様々で、末広型の二重は奥ゆかしいイメージを与えます。より派手な印象を与えることができるのが平行型のぱっちり二重です。カウンセリングでは希望する施術後のイメージを伝える必要があります。こうした要望をくみとって的確な施術を提案してくれるのが良い美容外科です。二重形成によって目元を全体的に大きく見せられます。メスで二重にするにしても、糸で二重にするにしても、二重の形の希望を的確に医師に伝えることが希望通りの結果に繋がります。そのためにはシミュレーションを行う必要があり、二重形成の施術前にはプジーと呼ばれる棒で二重の形を作りシミュレーションを行います。プチ整形は気楽に行うことができますが、シミュレーションは確実に行う必要があります。